アンカー
岳の幟五百年祭記念事業
記念式典祭 事日本三大旗祭り写真展イベント足湯ななくりオープン岳の幟の昔天保二年別所村祭礼関係文書
アンカー

※サムネールをクリックしますと拡大画像が現れます。また、その拡大画像の右側をクリックで次の写真へ、左側クリックで前の写真に切り替わります。

■記念式典
2004年7月19日、岳の幟誕生五百年を記念し関係者多数参加される中、式典や記念事業が執り行われました。
皆様のご協力により、大変意義深い五百年祭を催すことができました。
母袋上田市長の祝辞のほか、上田西小学校の児童によるコカリナと太鼓の演奏もあり盛大な式典となりました。
仕切り
アンカー
■祭 事
2004年の岳の幟です。五百年記念ということで幟とささら踊りが例年より多く参加しました。
仕切り
▲このページのトップへ
アンカー
■日本三大旗祭り写真展
日本三大旗祭りには別所温泉の岳の幟のほか青森県の岩木山の神賑祭(しんじんさい)や福島県の木幡の幡祭り(こはたの、はたまつり)があります。
仕切り
アンカー
岩木山の神賑祭
  • 岩木山の神賑祭
国指定重要無形民俗文化財
青森県中津軽郡岩木町
旧暦の8月1日、近郷近在の部落から岩木山(お岩木様)を目指し、五穀豊穣・家内安全を祈願すべく、集団登拝する行事です。
起源は定かではありませんが、一説には鎌倉時代初期といわれています。しかしながら、現在のように形式化したのは、江戸時代中期の寛政三年(1719)八代藩主、信明の頃からと考えられています。(岩木町商工会HPより)
アンカー
木幡の幡祭り
  • 木幡の幡祭り
国指定重要無形民俗文化財
福島県安達郡東和町
950年の歴史と伝統を誇るこの祭りは「日本三大旗祭り」の一つとして知られているお祭りです。
この祭りは前九年の役の戦いで源の軍勢が戦いに敗れわずか数騎で木幡山に立て籠もり、一夜にして全山が雪で白くなった様を追ってきた安倍の軍勢が源氏の白旗に見違い戦わずして敗走した故事により現在「幡祭り」として伝承されています。(二本松市HPより)
仕切り
▲このページのトップへ
アンカー
■イベント
この度の五百年祭には青森県、福島県それぞれの関係者に遠路はるばるお越しいただき、特大の幟や津軽三味線の演奏などで華を添えていただきました。
また、地元の信州塩田平和願太鼓の演奏も行われお客さんも大変満足した表情でした。
仕切り
▲このページのトップへ
アンカー
■足湯ななくりオープン
五百年祭事業の一環として開湯した足湯ななくり。
仕切り
アンカー
足湯ななくり
  • 足湯ななくり
当初は財産区に足湯推進委員会を設け、次いで地域全体で自治会をはじめ各団体長で構成する足湯建設委員会が設置されました。
建設費および付帯設備費は上田市をはじめ各団体の負担により完成しました。
現在は地元ばかりではなく数多くの観光客にも利用されています。入浴料無料。
仕切り
▲このページのトップへ
アンカー
■岳の幟の昔
岳の幟は以前は毎年7月15日に行われていましたが、近年は社会事情などにより7月15日に最も近い日曜日へと変更になりました。
岳の幟で披露されている三頭獅子とささら踊りは、元来祇園祭の演し物とされていましたが昭和九年以降、岳の幟と祇園祭が接近していたため岳の幟の演し物として定着しました。
かつては上手、院内、大湯が輪番で幟を出し参加していましたが、昭和四十九年以降、分去が大湯から独立して四地区交代となり手替わりをして幟を持っています。
仕切り
■天保二年別所村祭礼関係文書
天保二年(1831年)に、別所村で祭礼に獅子舞や子供のおどり等を催したいと藩に願い出したことについて、藩では祭りに併せて、百姓が年に一日の楽しみのために許可するが細々と条件をつけて堅く守るように、村役人に責任を持たせてあります。
仕切り
アンカー
▲このページのトップへ

ホーム三頭獅子ささら踊り岳の幟五百年祭長野オリンピック別所温泉ギャラリー

注意当サイトで掲載しております写真などの無断使用および無断転用は固くお断りします。
Copyright © Takeno-kai 2006- All rights reserved.